でぃーのブログ ~よろずのこと~

なんでもかんでも書くよ

キャンプイン直前12球団戦力分析 ~中日~


スポンサードリンク

プロ野球12球団戦力分析 ~ドラゴンズ篇~

中日ドラゴンズ (2017年:5位)

 

主な入退団

退団

森野(引退→打撃コーチ)

ゲレーロ(→ジャイアンツ)

バルデス

ジョーダン(→スワローズ)

入団(ドラフト除く)

大野奨太(元ファイターズ)

アルモンテ(元デトロイトタイガース)

モーヤ(元ヤンキース)

ガルシア(元ロイヤルズ傘下)

ジー(元ツインズ傘下)

松坂(元ホークス(多分獲る))

2017年総括

 一時期は好調の波に乗りAクラス争いに片足を突っ込んだものの、主力の不振や故障が相次ぎ5位でシーズンを終えた。なんといっても得点圏打率の低さという勝負弱さと防御率の悪さがもろに響いた。ゲレーロが本塁打王に輝いたものの17年限りで退団しジャイアンツへ移籍。手強い敵になるのは必至か。

 誰一人として規定投球回に到達しなかった16年の異常事態から1年経ち、バルデス大野雄大が到達したもののバルデスは今オフ退団、大野雄大は防御率4点台。又吉田島は抜群の安定感を見せたが投手陣全体としては悪かった。

 一方で収穫がなかったかというとそうではない。投手では小笠原鈴木翔太が成長の兆しを見せた。野手では新人王・京田や主に後半戦の出場で最終的に本塁打18を記録した福田など、18年でのさらなる飛躍を期待させてくれる活躍を見せた。大島がチャンスで打てるようになったのも大きい。

2018年展望

 ゲレーロの穴を新たな助っ人+藤井で埋め、先発にはディロン・ジーを追加という構成で行くという予想。充分活躍したバルデスジョーダンを放出したのが理解できないが、そうまでして獲ったのだから、今季の助っ人投手はそうとうな活躍を見込んでいるのだろう。まだ1年通した活躍ができていない高橋周平はセカンドも練習している。ここで花を咲かせられるか。ちなみに仮にセカンドに「打てるようになった高橋周平」が定着するとなかなか強力な布陣が組めるようになる(一・ビシエド、二・高橋周平、三・福田、遊・京田、左・藤井他助っ人、中・大島、右・平田)。そして捕手は似た成績の大野奨太松井雅人が競う形になる。そこに杉山たちがどこまで食い込んでいけるか。大野奨太自身の成績はそこまで素晴らしいわけではないが、16年に日本一を達成した”強い空気感”をチームに浸透させていければいいと思う。

 投手陣はまず大野雄大がエースと呼べる成績を残せなければならない。若手が台頭してもいいのだが、チーム防御率4点台から立て直すほどというのは流石に現実性が低い。多少でも実績のある選手が中心になってくれるほかない。17年そこそこ良かった小笠原鈴木翔太だが、この2人はとにかく四球が多い。ストライク先行で勝負し無駄な球を減らし、イニングを少しでも食えるようにできれば、祖父江らの負担も減らすことができる。

 総合的に見て、壊滅的なメンツではないもののここ数年と変化がないため、昨年以前と同様に厳しい戦いを強いられるのではという予想にどうしてもなってしまう。ただ、優勝できるチーム状態ではあると思うし、今年優勝しても不自然ではない。今までが噛み合わなすぎたのだ。誰かが救世主となりチームを救ってくれれば。。。

 

中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2017 ~チアドラゴンズ20周年記念版~

中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2017 ~チアドラゴンズ20周年記念版~