でぃーのブログ ~よろずのこと~

なんでもかんでも書くよ

キャンプイン直前12球団戦力分析 ~東北楽天~


スポンサードリンク

 

プロ野球12球団戦力分析 ~イーグルス篇~

東北楽天ゴールデンイーグルス (2017年:3位)

 

主な入退団

退団

松井稼頭央(→ライオンズ)

西田(→ホークス)

久保

金刃

武藤

阿部

中川

クルーズ

入団(ドラフト除く)

渡辺直人(元ライオンズ)

山下斐紹(元ホークス)

オコエ・ディクソン(元ドジャース傘下)

2017年総括

西武との2位争いに2ゲーム差で敗れ、ビジターでのCS1stステージとなったが勝ち上がりホークスとのCSファイナルステージまで駒を進めた。シーズン全体としては前半の快進撃だったが夏場に急失速し、不調具合はもはや違うチームだった。

投手陣ではローテの主軸と若手救援陣が特に目立っていた。エース則本は8試合連続2桁奪三振で日本記録を更新するなど文句のつけようがない活躍で、ライオンズからFAで加入した岸も8勝を挙げ防御率2点台と安定し、美馬はほぼ全ての項目を入団以来最高の経歴を残しまさにキャリアハイのシーズンとなった。救援陣も森原、ハーマン、高梨

に松井裕樹と支配的なリレーで勝ち星を積み上げた。ハイペースな連投が後半の失速を招いた感があるため、特にリリーフ陣から既存の投手が出てきて欲しかったところではある。

野手の方では「1番茂木・2番ペゲーロ」が見事にハマり、超強力な上位打線を形成した。ペゲーロ、ウィーラー、アマダーの助っ人外国人3人のみで合計本塁打80本という活躍ぶりで、周りも銀次や岡島などが支え、非常に得点力が高い打線だった。失速した夏場は茂木やペゲーロが離脱しており、特に茂木が欠けたショートは格差が大きく、いかに1年間通して出場するか、もしくはバックアップ要因の底上げかという課題が浮かび上がった。

2018年展望

松井稼頭央が退団したが、17年は出場試合数44で打席数は76に留まるなど実はそんなに起用されていない。そしてそれ以外の特に目立った入退団はない。"第二のオコエ"ことオコエ・ディクソンが加入したが、外国人枠は現時点で全て優秀な助っ人たちで埋められているため、打って打って打ちまくることでようやくそこにねじ込まれる。ただ、打撃に特化した選手タイプであり、レギュラーとして起用されることも充分あり得る。

チームの浮き沈み、そしてその傾向や原因がはっきりしていたイーグルス。18年こそは急失速することなく安定して力を発揮して、13年以来のリーグ制覇といきたいところだ。

CSこそファイナルステージまで進んだもののシーズン後半が苦しい戦いだったため今季はどうなるかという漠然とした不安はあるものの、ここ近年はデータを駆使した戦術が目立っており、これまでの課題を的確に捉えて克服し、ハイレベルなパの優勝争いを制す可能性は少なくない。