でぃーのブログ ~よろずのこと~

なんでもかんでも書くよ

貯金の方法!自炊の注意点とかいろいろ!


スポンサードリンク

お題「貯金の方法」

 

初めて「お題スロット」なるものに挑戦してみようと思う。

2回連続でお金の話(笑)

 

f:id:deeee66:20180313234100j:plain

「貯金の方法」ね~~

軽々貯金できたらいいのになー

 

とりあえず私は、節約を頑張ることですね!

とにかく出費を抑えて、浮いたお金を貯金するという作戦。

 

というわけで今実践している食事面での節約の方法を紹介します!

大したことはやってないけどね!!

 

食事は大事!!

食事は節約するうえでも健康面でも大事!

外食の頻度を抑えるのはもちろんのこと、スーパーで買って自炊するにしてもあれこれ買いすぎていると意外と出費はかさむ。

 

食事の出費ランキング

食事のお金がかかるランキングがあるとしたらこんな感じだと思う

1位:飲み会

2位:凝った自炊

3位:外食(ファミレスやファストフード店など)

4位:コンビニなどの弁当

5位:自炊

 

飲み会はもうダントツで出費の元。

他の様々な節約をするよりも、これを月に1度抑えるだけでかなりの効果が出る。

1回3000~5000円は節約の効果としては驚異的な金額。

おそらく他の節約で月にこれだけの効果を得るのは難しい。

 

自炊ならなんでも節約になるとは限らない

じゃあ「自炊しよう」となるのが普通。だと思う。

でもこれが案外、自炊なら何でも安くなるというわけでもない。

 

調味料が使い切れるかというところもあるけれど、そもそも「1食分を作るための材料」を買いそろえようとすると結構かかる。その献立がおしゃれなもので良い食材を使おうものならなおさらだ。それならばマックやらコンビニやらで済ませた方が安く済む。

 

自炊で節約するコツ

「安い食材」で作ること

自炊で節約するポイントは大きく分けて3つあると思っていて、1つ目は「安い食材で作ること」だと思う。当たり前の事だけど、材料費1000円と500円では倍違うし、これが実践できているかという基本的なところで差が出てくると思う。

「安い単位」で買い、買った食材を使い切ること

2つ目のポイントは、安く買って無駄なく使うこと。

野菜でも肉でもよくあるのがこういう売り方。

「1つで100円だけど3つで200円」という売り方。

モノにもよるけどこういうときは迷わず3つで200円で買おう。

1食では使い切らないかもしれないけれど、後々に使うという意思を持って買えば大丈夫!たまにその存在を忘れてしまうこともあるけど!笑

あとは半額などのセール品を買うというのも必須のテクニック。

まとめて作ろう!

料理を作るのが面倒に感じる日は絶対に来ます。生粋の料理好きでない限り。

そういうときに、1食1食作っていくのはまぁ大変だ。

「今日はいっか~」と思って外で済ますということもあるし、これが悪だというわけでもない。

ただ、それがきっかけで家にストックしてあった食材をダメにしてしまうこともある。

まとめて何食か作るということには、そういう事態を防げるというメリットもある。

続けて食べてもいいし、冷凍して保存してもいい。

ここで気をつけなければならないのが、2食分作ったのにそれを1食で平らげてしまうというパターン。食いしん坊は気をつけよう笑。

 

食費の削りすぎもダメ!

食費を削ることと同じくらい大事なのが、食費を削り過ぎないということ!

矛盾だとか禅問答だとか思うかもしれないけど、これもまた本当の事。

何故かと言うと、食事を貧層にし過ぎて栄養が足りなくなったりバランスが悪くなったりすると、体調を崩しやすくなるからだ。

体調を崩すと薬を買ったり病院に行ったりしなければならなくなるだけでなく、具合が悪い時用のポカリやらなんやらまで買わなきゃということになる。

この前は食費の削り過ぎが原因というわけではないが風邪で2日間ダウンしていて、その時にかかった風用の出費が諸々で4000円くらいだった。飲み会1回行けるじゃん。趣味に費やせるじゃん。もったいない!

 

健康第一で自炊頑張ろう!

 

終わりでーす