でぃーのブログ ~よろずのこと~

なんでもかんでも書くよ

私の一人暮らし~1週間だけ体験した時の話~


スポンサードリンク

 

「私の一人暮らし」

私は大学を出るまでは実家で生活し、大学を出て社会人になってからは彼女との同棲生活をしてきた。だから本格的な一人暮らしはしたことがない。

彼女の家(一人暮らし)の方が都心に近いということもあり、大学時代の就活をしていた頃から彼女の家に入り浸っていた笑。

 

そんな私でも、ほんのわずかな期間、一人暮らしをしたことがある。

それは、引越しをしたときの約1週間だ。

 

ちゃんと一人暮らしをした人からしたら、「そんなの一人暮らしではない」とか、「たかが1週間程度で一人暮らしの何がわかる」と思われることくらいはわかっている。それでもずっと誰かと住んできた私からしたら、結構な経験だった。

f:id:deeee66:20180318003621p:plain

住んできた家を雑な図に沿って説明するとこんな感じになるのだが、

この引越しの時の1週間、彼女の家の契約期間と新たな2人の家の契約期間が重なっていて、それぞれの仕事の事情とかいろいろあって、彼女は彼女の家、私は新たな2人の家で別々の生活をすることになった。ここが私の簡易的一人暮らしのスタートだ。

 

まず、普通の一人暮らしと違うところになると思うのだが、いろいろな家具がない笑。

荷解きのしていないダンボールが積み重なっているところまでは普通の一人暮らしでもあることだと想像しているけれど、引越し先で家具がないというのはあまりないと思う。

 

私の場合はベッドも食卓もなかった。

食卓は数少ない荷解きしたダンボールを床に置いて代用した。ダンボール箱を食卓に使ったことがない人にはわからないかもしれないが、あぐらをかいた時の膝ぐらいまでしかないことと、下に空間がない(切り込みを入れて作ると安定感がなくなるので怖くてできない)ため、食卓にするにはまあまあ低く感じる。

 

タンスとテレビは既に設置済みだったので、

食卓は低いしTVは高いというなんとも微妙な位置関係だった。

f:id:deeee66:20180318005349p:plain

 

寝るときは、客人用の布団を使った。マットレスはなく、敷布団・掛け布団・毛布のセットだ。前の家はカーペットだったからマットレスなしでも大丈夫だったが、新居はフローリングだったのでマットレスなしではかなり硬かった笑。仕方がないから使用済みのダンボールをたたんで敷布団の下に敷いた。ここでダンボールの利便性というか役割の広さを実感した。

まぁ不便なことを上げるとそんなところ。

 

 

次はメリット・便利なところ。

 

家に自分しかいないという生活をしたことがない私からしたら、なんでも自由に感じた。

食事のメニューや時間、風呂に入る時間も好きにしていい。

テレビも好きな番組を遠慮なく見れる。

ハレンチな動画だって見ることも堂々とできる。

 

流石にこれには正直テンションを上げざるを得なかった。

「一人暮らしってこんな感じなのか!すげー!」と思った。

 

ただ、引越しでお金をだいぶ使ったため、食事のメニューは好きなものしか食べないだとかそういう羽目をはずすこともなく、普通に自炊したりした。重めの風邪なんか引いてしまったらシャレにならないので、普通の食事にした。普通の一人暮らしあるあるではここらへんで「風邪のときマジでしんどい」が出てくるのだろう。

そして意外と常識的な時間に食事も風呂も済ませた。「あれ?誰にも怒られることがないのに、自らちゃんとした時間に済ませるなんておかしいな?」と思うくらいだった。思ったより自分はちゃんとしているんだと思った瞬間だった笑。

でもそんなのは一瞬で終わった。というのも就寝時刻で、ついついTVを見てしまう。これで長引くんですねー。普段よりも1時間は遅かったと思う。ここはほんとに自分はダメだなと思った。

メリット・便利なところはこれくらいかな??

 

で、一人暮らし中にちょいちょい思ったのが

「家が静か」

いや短期間とは言え同棲していた彼女と離れることになったのは寂しさももちろん多少あるけれど、それ以上に家が静かだと感じた。彼女の声や生活音が聞こえないのはもちろんのこと、自分が話すこともなくなり、もはや物音くらいしかしない。朝会社で挨拶した時に「あっ、自分の声ってこんな声だったか」と思ったりしたが、日によってはそもそも声があまり出ない笑。本当に言葉を発する機会が激減する。本格的に一人暮らしをしているとある友人は「寂しすぎて野菜に話しかけていた時期がある」のだとか。これにはびっくりした笑。

LINEで彼女と通話をしたりもしたが、実家に居たときのことを思い出してなんか変な感じがした。

そして家が静か。とにかく静かだ。だからかわからないけど、なにか関係ないところから物音が聞こえるとやっぱりちょっぴりだけど怖い。これまでそういう話には「物音くらいでビビりすぎっしょ」と思っていたのだけれど、訂正する。これは怖い笑。

 

色々あったけどいい体験ができた。

ほんの少しかもしれないけど、一人暮らしを知ることができた。

もちろん楽しかったこともあるけど、それだけじゃない。

 

一人暮らしを始める人、もうすでに一人暮らしをマスターしている人、

皆さん頑張っていただきたいなと、関係ない立場ながらに思う。

頑張ってください!

 

終わりでーす